埋没毛が原因で腫れて痛い!無理やり抜いても大丈夫?

埋没毛 痛い

ムダ毛のセルフケアで気を付けたいのが埋没毛です。
ムダ毛に無理な力がかかって皮膚の下で切れてしまうと、伸びてきたムダ毛が行き場を失い、皮膚の中でとぐろを巻いたような状態になってしまうことがあります。これが埋没毛です。

 

これは特別なことではなく、ムダ毛のケアをしていれば時折目にすることがあります。
放っておいても肌に吸収されていくことが分かっていますが、問題なのは痛みがある場合です。

 

埋没毛が痛い場合、炎症や化膿の可能性があり、ひどくなれば治療が必要になることもあります。
埋没毛になった周辺を見てみると赤く盛り上がった状態になってはいないでしょうか。

 

ニキビのように盛り上がり、触ると痛いため気になってしまいます。
埋もれた毛を無理やり抜いたり、ニキビのようにつぶしたくなってしまいますが、肌に大ダメージを与えてしまいますので、絶対にやめましょう。

 

これは毛嚢炎という状態で、中に膿がたまっている可能性があります。

 

こうなると中に埋もれている毛を取り出せば済むという話ではなくなります。化膿した部分をきちんとケアして清潔にすることが必要です。
皮膚科などを受診して適切な処置をしましょう。

 

万が一、つぶれてしまったときなどは消毒をして軟膏などを塗ることをおすすめします。
痛みが引いてくれば一安心ですが、根本的な解決のためには埋没毛を作らせないような脱毛方法をしっかりと学ぶことです。

 

脱毛に使う道具は常に清潔な物を使い、肌や手なども洗ってから行うことを徹底しましょう。

日本製・埋没毛対策ジェル「ストレミライン」
詳細はこちらをクリック!  ↓↓↓