日本製・埋没毛対策ジェル「ストレミライン」
詳細はこちらをクリック!  ↓↓↓

 

 

放置すると危ない?埋没毛って何?

埋没毛

埋没毛とは、脱毛や剃毛、除毛などの処理を行った後に、何らかの原因で皮膚の下に毛が埋まってしまう状態のことを指します。
つるつるの肌になりたくてムダ毛の自己処理をすればするほど、どんどん発生してしまいます。

 

炎症を起こすと毛嚢炎などにもつながる可能性が高く、この場合にはすぐに皮膚科を受診し、治療することが必要となります。
埋没毛ができると、自分で毛抜きやピンセットなどでほじくり出そうという人もいますが、これでは肌を傷つけてしまう可能性が高くなります。

 

しかし見た目が良くないことから、そのまま放置することもできません。
埋没毛は放置するといろいろなトラブルのもとになるといわれています。

 

埋没毛は皮膚の中でどんどん伸びますが、毛がそれ以上伸びないという長さにまで伸びると、皮膚を突き破り外に出ようとします。
新陳代謝の良い皮膚であれば自然に皮膚がはがれ、毛が出てくるのですが、出て来られない場合も多く見られます。

 

 

皮膚から出られずに行き場をなくした埋没毛は、内部を傷つけ、そこから細菌に感染して炎症を起こしてしまう可能性もあります。
これが毛嚢炎という状態で、表面がニキビのように赤くはれて、場合によってはかゆみや膿みを伴います。
このような状態にならないためにも、埋没毛は早めに対処しておく必要があるのです。

 

 

埋没毛の処理方法としては、脱毛をサロンに行く方法が最も適切であるといえます。
フラッシュ脱毛行うことで、皮膚に覆われている埋没毛でも、しっかりと処理することができます。

長い埋没毛はどう処理すればいい?

埋没毛 長い

カミソリや毛抜きで自己処理を行っていると、埋没毛ができてしまいます。

 

つい外に出して処理してしまいたくなってしまいますが、無理に出そうとすると、皮膚が傷ついてしまい、
場合によっては出血したり、かさぶたが出来てしまい、結果的に色素沈着してしまうこともあります。

 

埋没毛は、皮膚の中で毛が生育してしまっている状態のことを言います。

 

このような埋没毛は、本当は外に出て来る筈なのですが、皮膚が傷ついていたり古い角質が塞がっていることにより出て来られなくなってしまっているために出来るのです。

 

カミソリや毛抜きなどで自己処理することにより、皮膚が傷ついてしまって埋没毛の原因となってしまっている場合が多いです。

 

基本的に放っておいて問題はありません。
埋没毛の成長が止まった段階で、毛穴から毛が離れて外に出て来るようになるためです。

 

しかし、そうは言っても、長い埋没毛は早く治したいと思ってしまう人も多いでしょう。

 

そんな時におすすめの方法は、細かい粒子を肌にこすり合わせて古い角質を取り除いていくボディスクラブです。

 

ボディスクラブを使った後は、古い角質が取り除かれるので、肌はつるつるになります。

 

オイルを含んだものを使用すれば、肌に潤いを与えることもできます。

 

長い埋没毛を早く治す方法として、他にはピーリングもあります。
弱い酸を用いて、肌の角質を溶かします。

 

美容皮膚科や皮膚科で用いているピーリングは濃度が高いため、効果も感じやすいです。

埋没毛を脱毛する時にしてはいけない事とは?

埋没毛 脱毛

おさらいですが、埋没毛とは自分で脱毛処理を行う際に、毛抜きやカミソリで抜けきることが出来ず皮膚内に埋もれてしまう毛の事です。

 

埋没毛がそのまま残っていると何となく気になってしまい皮膚から埋もれた毛を無理矢理抜いてしまいたくなる方もいると思います。

 

しかしこの埋没毛を無理矢理脱毛してしまうと皮膚に傷が出来てしまい、出血がひどくなるとそこがかさぶたになってしまい、
治った後も色素がそのまま沈着してしまいシミになってしまったりする事もあります。

 

このように埋没毛の脱毛は力任せに行ってしまうと後々後悔する事になるので、ちゃんとした処理を行う必要があります。

 

埋没毛とは正確には毛先が皮膚内に侵入してしまい、そのまま皮膚内で成長している毛の事を言うのですが、皮膚内で成長を続けるといっても永遠に伸び続けるわけではなく、
ある程度伸びると成長が止まり、毛穴から離れ肌の新陳代謝によって自然を治ります。

 

このように埋没毛は放っておけば、時間はかかりますが、自然に無くなっていくので、
わざわざシミになったり炎症を起こす可能性があるようなリスクのある自己処理を行う必要はありません。

 

ただ見た目の問題でなるべく早く直したいという方も多いと思います。

 

埋没毛を早めに治す方法としては、前項でも述べましたが
研磨剤を利用して細かい粒子で該当箇所の肌を擦り古い角質を取り除くボディスクラブや弱酸性の薬剤を使用して古い角質を取り除くピーリングと言う方法などでしょう。

 

どちらが良いかは肌のタイプなどもあるので、利用する際は専門家に相談するようにしましょう。

埋没毛の医療脱毛治療やサロン脱毛ってどんなもの?

埋没毛 治療

埋没毛はできるだけ早く治したいものですが、自分で皮膚を傷つけて除去することはおすすめできません。
埋没毛の治療をする場合は、信頼のおける医療機関に通うか、脱毛サロンで施術を受けるのもよいでしょう。

 

脱毛サロンや医療機関で使われる脱毛器は、特殊な光をムダ毛に当てることによって、毛根の組織を破壊する仕組みとなっています。
この光は皮膚の下にも届くので、皮膚の下にある埋没毛にもしっかりと効果があり、通常のムダ毛処理と要領は同じとなります。

 

肌の表面を傷つけることなく、不快な埋没毛の治療ができるのは、やはり専門である医療機関や脱毛サロンの強みと言えます。

 

医療機関と脱毛サロンにおいて、脱毛器の原理に違いはありませんが、より高い脱毛効果を発揮するのは、医療機関で行われる医療脱毛です。

 

脱毛サロンよりも強力な医療用レーザーを用いるので、より確実で安全です。
また、次に埋没毛ができないようにすることも可能です。医療レーザー脱毛は、皮膚科だけでなく、美容外科や形成外科でも受けることが可能ですが、
埋没毛に関する治療は皮膚科が得意とする分野だという意見もあります。

 

埋没毛がある場合は、毛嚢炎を起こしていることがありますので、医療機関であれば、その治療も一緒にすることができます。

 

埋没毛によって何らかの疾患を引き起こしている場合は、保険が適用される場合がほとんどですが、
見た目を気にして、またはより美しくなりたいという目的の場合は、保険が適用されず自由診療となります。

 

医療レーザー脱毛もまた、自由診療の扱いとなりますので、事前に確認してから受けましょう。

 

 

また一般的な脱毛サロンでも対応可能な場合が多いですので問い合わせてみるのもよいでしょう。

 

(参考の一例:脱毛 那覇市のサロン)

 

このような脱毛サロンに相談してみるのもよいでしょう。

埋没毛は皮膚科だとどんな処置をするの?

埋没毛 皮膚科

ムダ毛が埋もれて黒いぽつぽつやザラザラとした感触が不快な埋没毛。
ムダ毛の自己処理を長く続けていると一度くらいは経験したことがあるのではないでしょうか。
埋没毛になってしまっても、自己処理で解決している人がほとんどだと思いますが、皮膚科での治療を掘り下げてみまししょう。
皮膚科での治療がおすすめできるケースとしては
特に、赤みや痛みがある場合、毛嚢炎といって、中に膿がたまっていることがあるので立派に治療が必要な疾患になってきます。
ひどい場合は切開手術で膿と毛を取り出すことになりますので、たかが埋没毛と侮らないことが大事です。

 

場合によっては膿が数回たまり続け、通院治療を要することもありますので、毛嚢炎にならないように細菌感染には十分に注意しましょう。
そこで角質をやわらかくすることで、埋もれていた毛が皮膚の上に出てきやすくします。
1週間ほど塗り薬を続けることで、正常な皮膚に戻すことができるでしょう。気になるのは治療費ですが、美容目的でない場合は保険適用となるので、高額な治療費の心配はありません。

 

早めに治療することで、きれいな肌が取り戻せますので、心配せずに受診しましょう。
ただし、皮膚科でも医療レーザーなどを使った場合は保険適用外となりますので注意が必要です。しっかりと治療内容を聞いて、納得してから始めるようにしてください。

埋没毛にスクラブはOK?NG?

埋没毛 スクラブ

カミソリや毛抜きで自己処理をすると、埋没毛が起こるケースも少なくありません。

 

埋没毛とは角質が厚くなり毛穴を塞ぐ事で、無駄毛が皮膚の中で成長してしまう症状の事を言います。

 

無駄毛が毛穴の中にあるので黒くポツポツと目立ってしまうだけでなく、場合によっては毛穴の炎症や膿が出るといったトラブルにもなってしまいます。

 

見た目も悪くなり肌トラブルを起こす危険性もあるのが、埋没毛なのです。

 

角質が厚くなって起こる症状という事もあり、場合によってはスクラブのケアで解消出来ます。

 

スクラブでケアする事によって角質で覆われていた毛穴をケアし、毛穴の中に詰まっている無駄毛を外に出してあげるのです。

 

自宅で簡単に行えるケアですが、早く埋没毛を解消しようとしてゴシゴシと擦ってしまうと、肌への大きな負担となります。

 

新たな肌トラブルを招く危険性があるので、スクラブの使用はあくまで優しく行いましょう。

 

スクラブでのケアは埋没毛を解消するというより、埋没毛を予防する目的の方が効果が期待出来ます。

 

また、ケアしても埋没法が解消されないという場合は、皮膚科で取ってもらうのも1つの方法です。

 

思わず毛抜きで皮膚を少し切って、毛穴の中に詰まっている無駄毛を抜いてしまいがちですが、このようなケアを行うと雑菌が侵入しやすく、思わぬ肌トラブルを起こす引き金となるので注意しましょう。

 

皮膚科では適切な処置で埋没毛を取り除いてくれます。
消毒も行ってくれるので、雑菌などに感染する心配もありません。

埋没毛ケアで今話題のストレミラインって?(ストレミライン)

埋没毛 ストレミライン

ムダ毛処理の後で気になる埋没毛ケアが可能な薬用集中ケアジェルとして話題なのが「ストレミライン」ですが、
ストレミライン厚生労働省にその効果・効能が認められている事などもあって、
毛穴トラブルのアンケート調査では「信頼できる商品」として圧倒的な支持を集めていたり、
顧客満足度も91.7%とムダ毛処理後の毛穴トラブルに悩む人達にとってかなり満足度が高い商品に仕上がっているようです。

 

 

効果効能に関する口コミについては個人差がありますが、
「気になっていた毛穴のボツボツが綺麗になった」、「ひどかった埋没毛が今では見違えるほど透き通った白い肌」など高い効果を実感している人が多く見られます。

 

 

そもそも、埋没毛というのは本来皮膚表面に出てくるはずの毛が、古い角質や毛穴のダメージによって毛穴の中で毛が成長してしまっている状態の事を指しますが、
ストレミラインはそういった埋没毛が起こる状態を防ぐために、カミソリ負けや炎症を防ぐ消炎作用がある成分や肌のターンオーバーを整える西洋ナシの果汁発酵液、
黒ずみ色素沈着を抑制するプルーン酵素や肌にハリや弾力をもたらすスターフルーツ葉エキス、
毛穴の開きや黒ずみに効果的と注目の美白成分といった5つの有用成分が配合されています。

 

 

さらに、このジェルにはヒアルロン酸や水溶性プラセンタなどの天然由来の厳選成分が配合されているため、
埋没毛が起こっている状態の肌に対して抗炎症や引き締めなどの効果に加えて、保湿・美白・整えなどの効果も期待でき、
埋没毛ケアだけではなく美肌サポートにも高い効果が期待できるのです。

 

 

また、ストレミラインは3ヶ月以上の継続使用により改善効果を実感した人が26倍になっていますが、返金保証付き初回36%引きのお得な定期便もありますし、無添加・低刺激にこだわったジェルなのでお試しやすくなっています。

 

日本製・埋没毛対策ジェル「ストレミライン」
詳細はこちらをクリック!  ↓↓↓